妊婦 青汁 大麦若葉



妊婦さんの栄養補給とすくすく育つ赤ちゃんのためにぴったりの青汁を紹介中。妊娠中でも安心して飲める青汁だけを厳選して紹介しています。



妊婦さんが飲んでも大丈夫な大麦若葉の青汁はこれだ!

大麦若葉
青汁の原料の代表格「大麦若葉」
育ちが早く、栄養豊富な大麦若葉は青汁の主原料として人気です。
妊婦さんの栄養補助として利用したい大麦若葉の青汁をピックアップ!
栄養バランスをサポートするために利用したいのは?

大麦若葉の青汁の特徴は?

妊娠中に不足しがちな栄養素が摂れる

日々成長する胎児のために必要不可欠な鉄分やカルシウム。
大麦若葉にはこれらの栄養素が含まれています。

不安やストレスを抑えてくれる

妊娠中はふとした瞬間に不安やストレスを感じてしまいがちです。
大麦若葉に含まれるカルシウムやビタミンCといった栄養素にはこれらの精神を落ち着かる効果があります。

新陳代謝を高めてくれる

体内で新しい細胞をつくるために必要不可欠な栄養素である亜鉛が含まれています。
また食物繊維も豊富なので産後ダイエットにも。

妊婦さん必見!人気の大麦若葉の青汁 比較表

商 品 名 サンスター青汁
サンスター 粉末青汁s
美力青汁
美力青汁healthy
価 格
容 量
4,500円
30包×10g
4,666円
30包×4g
通常:4,666円
30包×4g
原料野菜 ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ 大麦若葉
安心・安全 食品添加物無添加
100%国産野菜
国産原料使用、農薬不使用、防腐剤・保存料無添加
POINT 1包当たり10gとたっぷり入っているため、野菜100g分の栄養素が補える濃さ。
kotira
ママのために作られた青汁。
カフェイン量を極力カットしています。
kotira

プレママにおすすめの青汁ランキング

大麦若葉だけじゃない!妊婦さんにおすすめの青汁原料

妊婦さんにおすすめの青汁
カルシウム・鉄が多い「桑の葉」

大麦若葉は最近の青汁の原料の代表です。
栄養豊富な大麦若葉は妊婦さんや産後の方にもおすすめですが、妊娠中や授乳期に特に必要となるカルシウムや鉄が多いのが桑の葉の青汁です。

桑は葉が硬く、そのまま野菜として食べるのには不向きですが、桑の葉茶として民間療法などで利用されてきました。

桑の葉をまるごと使った青汁は鉄分やカルシウムが豊富に含まれています。
さらに「桑抹茶」と言われるほど抹茶風味でおいしいので、ニオイに敏感な妊娠中や小さなお子さんにもおすすめです。

妊婦さんが飲んで安心の青汁を見分けるには?

02鉄分や葉酸、カルシウム、マグネシウム、食物繊維、ビタミンB群やビタミンEなど、日々お腹で成長する赤ちゃんのためにも、そしてお母さんの体の調整のためにも大切な栄養素を補うことができる青汁。 悪阻のために思うようにバランス良い食事ができなかったり、食べたいものが偏ったりしやすい妊娠中は赤ちゃんにとっても自分にとっても栄養不足が心配になりそれが過度のストレスになることがありますよね。 そんな心のストレスも青汁を利用することで軽くしてあげましょう。 ただし、青汁ならばなんでもいいかというと、特に妊娠中の加工食品選びにはいくつか気をつけたいポイントがあります。 まず、第一に気をつけたいのはなんといっても「安全・安心」面です。 加工食品には思った以上に食品添加物が使われており、この実は添加物が体に悪影響を及ぼす危険性を示唆されているものも少なくありません。 青汁も加工食品ですから、なかには人工甘味料や着色料、増粘剤などが使われているものもあります。 今では原材料欄にすべてを記載することが義務付けられていますので、青汁に限らずお菓子やレトルト食品などの加工食品を購入する前に原材料欄をチェックするクセを付けると良いかもしれません。 青汁を選ぶ場合も、できるだけ添加物が使われていないものを選ぶのがおすすめです。 添加物を一切使わない無添加の青汁もあります。 また、青汁の原料となる大麦若葉やケール、明日葉、桑の葉なども無農薬栽培のものや有機栽培のもの、残留農薬検査を行っているものなどがよいでしょう。 お母さんの食べたものが直接胎児につながる妊娠中は特に良いものを選び用にしたいもの。 安さも魅力ではありますが、しっかりと作られた本物の青汁で健康管理につとめましょう。