妊婦さんの便秘におすすめのお茶



妊婦さんの栄養補給とすくすく育つ赤ちゃんのためにぴったりの青汁を紹介中。妊娠中でも安心して飲める青汁だけを厳選して紹介しています。



妊婦さんの便秘対策 【安心】のお茶をピックアップ!

妊婦さんの便秘解消に
妊婦さんでも飲める♪
安心のスッキリ茶をセレクト
妊娠をきっかけに出にくくなってしまったという人も多いですが、飲めないお薬もあり、なかなかスッキリできずイライラしてしまっている人もいるのでは?
そこで、妊婦さんも安心のスッキリをサポートしてくれるお茶をご紹介します。

そのお茶、妊娠中でも安心して飲めますか?

妊娠中でも安心して飲める?
「妊婦さん向け」のものを選ぶのがおすすめ

便秘気味の時におすすめの「スッキリ茶」「デトックス茶」といったものは多くのメーカーからいろいろなものが発売されています。
でも、妊娠中は飲むことができないものもあるので注意が必要です。

たとえば、いくら天然成分であってもハーブの中には子宮に影響を与えるももあります。「天然」「自然由来」などというと安心感がありますが、ハーブティーや天然の植物のお茶であっても妊婦さんは飲めないものもあるので注意してくださいね。

普段とは体調も違う妊娠中。まずは安心して飲めるかどうかを重視して選ぶことが大切です。

便秘が気になる妊婦さんにおすすめのお茶3選

すっきり贅沢抹茶
すっきり贅沢抹茶

創業70余年、九州の老舗のお茶屋さんが妊娠中の方のために作った、完全無添加、無着色、下剤成分ゼロ、ノンカフェインのスッキリをサポートしてくれるお茶です。

スッキリをサポートしてくれるのは4つの成分。
グア豆由来の食物繊維、自然界では、母乳の中しか含まれないガラクトオリゴ糖、生きたまま腸まで届くビフィズス菌・有胞子性乳酸菌、そして有機栽培の桑の葉・宮崎産のほうれん草といった健康野菜です。

お腹の健康をサポートするだけでなく、妊娠中に不足しがちな葉酸と鉄分も含まれています。
妊娠中、授乳中の健康サポートにはもちろん、ちびっこからお年寄りまで安心して飲むことができます。

すっきり贅沢抹茶

通常価格:3,600円(15日分)

定期価格:2,520円(15日分)、2袋(30日分)で3,600円

【すっき贅沢抹茶】公式サイトを見る

するっとカフェ
するっとカフェ

カフェの本場イタリアで古来から親しまれてきた大麦「オルゾ」を贅沢に配合した本格ローストのノンカフェインコーヒー。 コーヒー好きの妊婦さんにはダブルで嬉しい1杯です。

ノンンカフェイン、下剤成分ゼロだから妊娠中もOK、子供から年配の方まで安心して飲むことができます。

乳酸菌に加え、グア豆由来水溶性食物繊維が腸内環境を育ててくれます。

はじめてセット:1,800円

【するっとカフェ】公式サイトを見る

デテーサ
デテーサ(AT)

妊婦さんに人気のルイボス茶が主原料の妊婦さんも安心して便秘・体重管理ができるデトックス茶です。

糖質カットのサラシア、女性特有のお悩みや血流サポートに人気のピクノジェノールもプラスし、妊娠中の体重管理や美容面にも期待たっぷり。

下剤成分も含まれておらず、ノンカフェインですから、妊娠中や授乳中から美容・ダイエット面も含めて気遣いたい方に人気のオールインワンティーです。

初回限定トライアル:3,240円(15包)

定期価格:初回~3回目まで2,000円(30包)

妊婦さんの便秘茶「デテーサ」公式サイトを見る

妊婦さんのお悩みに多い便秘 お茶で自然に「するり」を目指そう

妊娠中のお悩みは様々なものがありますが、お腹が大きくなるにつれ増えてくるのが便秘のお悩みです。 胎児が大きくなってくると腸が圧迫されることや、「力むのが怖い」ことなどが便秘の原因となります。 また、妊娠初期~中期の場合でも、悪阻(つわり)で食事が思うように食べられなかったりすると便のかさが足りずになかなか出ずらくなります。そのほかにも運動不足により腸の動きが鈍くなってしまうことなどが理由となります。

便秘は身体の中の老廃物や毒素がうまく外に排出できない状態です。この状態は産後ダイエットという点からみても望ましくありません。運動やストレッチができないからこそ、うまくお茶などを利用して乗り切りましょう。

症状があまりにひどい場合はお医者様に相談し便秘薬を処方してもらうという方法もありますが、ひどくなる前に予防としておすすめしたいのがお茶での対策です。 ただし、お茶と言ってもどれでもよいわけではなく、妊娠中は下剤効果のあるキャンドルブッシュ(センナの仲間)などのハーブが入ったお茶は避けたいものです。 お茶の配合成分を確認して利用するようにしましょう。

また、小まめな水分補給も便秘対策としては有効ですから、ここで紹介しているようなお茶を有効的に利用して老廃物をためない体づくりを心がけましょう。