妊娠中も安心の乳酸菌サプリ



妊婦さんの栄養補給とすくすく育つ赤ちゃんのためにぴったりの青汁を紹介中。妊娠中でも安心して飲める青汁だけを厳選して紹介しています。



妊娠中も安心の乳酸菌サプリ | 善玉菌を増やしでキレイ度UP!

実はスゴイ!乳酸菌のはたらき

私たちの腸のなかには、たくさんの細菌が共存しています。乳酸菌はそんな細菌のなかでも「善玉菌」と言われる、体に有用な働きをしてくれる細菌です。

腸内の細菌のバランスが崩れると、体の老化が加速すると言われるほど。全身と脳に指令を出す大切な器官であることから「第二の脳」とも呼ばれる働きをしているのが腸です。

腸内細菌のバランスが崩れると起こりやすい症状

お腹の調子が悪くなる

乳酸菌などの善玉菌には便秘や下痢の予防・解消をする整腸作用があることが分かっています。
また、善玉菌を増やし、腸内腐敗菌や大腸菌を減らせばお腹の調子の改善につながります。

ストレスに弱くなる、うつ気味になる

体の中で脳に次いで2番目に神経細胞の多いのが腸。じつは腸内細菌がつくる物質にはこの神経細胞を刺激するものがあり、それが脳に伝わることが分かっています。

不安を感じやすい妊娠中だは、普段以上にお腹の健康に気遣いたい時期でもあります。

免疫力が下がる

病原菌やウイルスの感染、アレルギー、さらにはガンから体を守るために大切な免疫力。腸内には免疫機能の約60%が集中しています。
善玉菌がつくる酢酸や酪酸が減ると、バリア機能が下がり、免疫システムがおかしくなる可能性があります。

太りやすくなる

悪玉物質が増えると、その一部が血液に入り込み、脂肪細胞の炎症を招きます。
その結果、肥満や糖尿病につながるという報告もあります。

産後ダイエットをスムーズにクリアするためにも、おなかの健康は深い関係があるということですね。

お肌の状態が悪くなる

悪玉菌がつくる体に悪い影響を与えるものが全身をめぐると、肌の状態も悪くなります。
また最近では女性に人気の美容成分「大豆イソフラボン」を働きを有用にするのは腸内細菌の力によることが分かっています。

腸内の善玉菌を増やすためには?

発酵食品
発酵食品で腸内バランスをととのえる

納豆やキムチやチーズは体に良い作用ををする微生物がつくる発酵食品です。

善玉菌は、発酵食品を食べるとそれを分解し、「短鎖脂肪酸」というものをつくります。
これが腸壁を刺激することで、お通じもよくなり、善玉菌が増える環境を作り出します。

味噌や酢、しょう油を調味料として使う和食は健康食として世界から注目されていますが、おなかにとっても嬉しいということなんです。


食物繊維たっぷり
食物繊維が不足しないように

食物繊維がおなかにいいというのはご存知のとおり。
理由は、食物繊維がおなかの善玉菌のエサになってくれるためです。

食物繊維は胃酸で溶けにくく、腸まで残るため、腸内に住み着く善玉菌がそれをエサとして、結果、乳酸菌などの善玉菌が定着しやすい状態になります。

また、同様に、「オリゴ糖」も善玉菌のエサになります。
お腹の調子が気になる妊娠中。無理のない範囲で食事の工夫をしてみてくださいね。


青汁とヨーグルト
ヨーグルトは青汁との組み合わせがベスト

乳酸菌が摂れる食べ物と言えばヨーグルト。
食物繊維や鉄分、葉酸が摂れる青汁との組み合わせはお腹のためにも妊娠中のバランスUPにも最適です。

プレーンヨーグルトが酸っぱく感じる時は、オリゴ糖が多く含まれるはちみつをちょっとプラスしてみましょう。

妊婦さんが選んだ「美味しい♪」「安心(*´∀`*)」の青汁ランキング

妊娠中もOKの乳酸菌サプリメント

妊婦さんにはサプリも
続けやすい「安心」の乳酸菌サプリメント
思うように食べられない、簡単に続けたい、そんな妊婦さんにはサプリメントという選択も。乳酸菌は「数」と「種類」を多く取るのがコツです。
妊娠中でも安心して飲める品質のものをピックアップしたので、参考にしてくださいね。

善玉元気
善玉元気

善玉元気はそのまま食べても美味しいゼリータイプ。
人間の体内には多くの種類の善玉菌が存在していますが、人により持っている菌種がことなるため、効果実感にも差があります。

善玉元気は16種35株のエリート乳酸菌・ビフィズス菌により発酵させ抽出した「乳酸菌発酵エキス」を配合しています。

通常価格:6,980円

定期価格:初回 3,980円、2回目~5,400円

善玉元気 詳しくはこちら

善玉元気の乳酸菌発酵エキスとは?

ほかの乳酸菌サプリとは違い、善玉菌は乳酸菌発酵エキスを配合しています。
乳酸菌発酵エキスとは、厳選されたエリート善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)が作り出した、 短鎖脂肪酸、必須アミノ酸、遊離アミノ酸など352種もの有用成分が含まれたエキスです。

胃酸や熱で壊れることなく腸まで届き、もともと持っている菌種から排出されてしまうこともありません。

【善玉元気】公式サイトはこちら

※ 過剰摂取には注意してください。また、心配な場合はかかりつけのお医者様に相談を。

生命の乳酸菌
生きて届く乳酸菌を1粒に346億個凝縮!定期便なら初回は送料のみの500円です。
花菜の乳酸菌
腸が慣れないよう、2種類のサプリがセット。定期便で初回は半額の3,000円です。
善玉元気
無添加処方、ゼリータイプ。16種35株が作り出す乳酸菌発酵エキス。定期便は初回3,980円。

妊娠中だからこそ手軽な乳酸菌サプリで善玉菌を増やそう

0-95

栄養を吸収し、老廃物を排出する器官である腸内には、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌と大腸菌やバクテロイデスなどの悪玉菌が非常に多く存在しています。
腸内にいる細菌の数はなんと100兆個!500~1000種類もの細菌が毎日その数のバランスを変化させながら私たちと共存しています。

小腸の長さは成人で全長約7m。粘膜の表面積はテニスコート1面分にもなります。
腸のはたらきというと、「便を排出する」というイメージを持つ方が多いようですが、そればかりではありません。
食べたものの栄養を吸収するのは腸の役割であり、さらに免疫機能の調整といった生きていく上で非常に大切な役割を担っているのが腸という器官です。

妊娠中は便秘に悩まされる妊婦さんも多く、青汁などから食物繊維を意識的に摂取することも大切ですが、食物繊維をエサにする乳酸菌などの善玉菌自体の数を増やすことも大切です。
乳酸菌と一口に言っても非常に多くの種類が存在します。市販のヨーグルトのパッケージを見るとお分かりかと思いますが、メーカーによって使われている乳酸菌の種類に違いがあります。
このうちどの乳酸菌が良い、というわけではなく、体質や体内環境によって合うものと合わないものがあり、「ヨーグルトを食べ続けても効果が感じられない」という方は、今の体内環境とその乳酸菌が合わなかったことが原因かもしれません。

いろいろなヨーグルトをたくさん食べる、というのはなかなか大変ですが、乳酸菌サプリを利用することで、効果的に様々な種類の乳酸菌を摂取することができます。
乳酸菌サプリを選ぶ場合は、「より多くの種類の乳酸菌が摂れ」「乳酸菌自体の数も多く」「乳酸菌の餌となるオリゴ糖などが同時に含まれている」ものを選ぶのがおすすめです。
ここでは妊娠中でも安心して飲めるものばかりをセレクトしています。ただし、過剰摂取などには注意してくださいね。