妊婦さんの貧血予防に青汁



妊婦さんの栄養補給とすくすく育つ赤ちゃんのためにぴったりの青汁を紹介中。妊娠中でも安心して飲める青汁だけを厳選して紹介しています。



妊婦さんの貧血予防 | 青汁で鉄分を補給しよう

妊娠中の貧血予防に
貧血予防に必要なのは鉄分だけじゃない?!
一緒に摂って鉄分の吸収がUPする栄養素
妊娠中や授乳中は、貧血の予防・改善のためにも普段以上に栄養バランスに気をつける必要があります。
貧血といえば、「鉄分」ですが、実は、それだけでは不十分なんです。

貧血予防に鉄分と一緒に摂りたい栄養素

葉酸
別名「造血のビタミン」。
ビタミンB12と協力して、赤血球を作ります。
ビタミンB6
ビタミンB6が不足するとヘモグロビンが作られにくく、貧血の原因になります。
ビタミンB12
葉酸とともに、赤血球を作るのに欠かせません。 貧血の予防・改善に欠かせない栄養素。

貧血予防・改善に | 青汁をうまく利用しよう

栄養たっぷりの青汁
一杯に豊富な栄養が含まれる青汁

青汁は、手軽に飲めて栄養バランスを補うのにぴったり。

青汁で貧血予防に欠かせない鉄分・葉酸・ビタミンB6、ビタミンB12を一度に補うことができます。

もちろん、バランスのよい食事を心がけることが一番ですが、つわりや嗜好の変化などで思うように食べられない妊娠中には、青汁でバランスを補うのもおすすめです。

ただし、青汁に頼りすぎるのはNG。
1日の量は1~2本まで。摂り過ぎないように注意してくださいね。

妊婦さんに人気!抹茶仕立てで無添加の青汁

slideshow2_sample04
桑抹茶
おすすめはヨーグルト+はちみつ

お茶屋さんが作った抹茶仕立ての青汁は、ヨーグルトに混ぜてもおいしく食べられます。

食物繊維豊富な青汁と、ヨーグルトの乳酸菌、そしてオリゴ糖がたっぷりのはちみつを加えれば、腸の健康のためにもGood。

味はほとんど抹茶なので、水や牛乳で割るだけでも美味しく飲むことができます。

『お茶村の桑抹茶青汁』全額返品保証付きo

プレママにおすすめの青汁ランキング

鉄分豊富な青汁で妊婦さんの貧血を予防しよう

妊娠中はお腹の赤ちゃんにもたっぷり栄養を送っていますから、普段以上の栄養素が必要になってきます。 特に鉄分は不足しがちな栄養素。 胎盤をとおして赤ちゃんに血液を送っている妊娠中は貧血になりやすく、しっかりと鉄分を摂るよう心がける必要があります。 鉄分の豊富な食べ物といえば、ほうれん草や小松菜などの緑の野菜、そしてレバーや赤身の肉、かつおやマグロ、貝類などがあります。 食事は海のもの・山のものをまんべんなく食べるのが理想ですが、妊娠中はつわりや嗜好の偏りなどから、思うようにバランス良い食事を撮り続けることができませんよね。 そんな妊婦さんだからこそ、偏りのないバランスの良い食生活をバックアップするために利用したいのが青汁です。 青汁には鉄分だけでなく、食物繊維や葉酸、マグネシウム、ビタミンB群、カルシウムといった妊婦さんが不足なく摂りたい栄養素が含まれています。 また、水や牛乳に溶かすだけでなく、ヨーグルトに混ぜて食べることで同時に乳酸菌もとることができます。 腸内環境を整えることは、便秘予防になるだけでなく、免疫力の向上にもつながります。疲れやすいこの時期、風邪予防にもビタミン+乳酸菌で普段から気をつけておきたいものです。 もちろん青汁だけに頼るのではなく、できるだけ多くの食品をバランスよく摂るのが理想です。青汁を利用するのは1日1~2本にするようにしてくださいね。