妊婦 青汁 豆乳



妊婦さんの栄養補給とすくすく育つ赤ちゃんのためにぴったりの青汁を紹介中。妊娠中でも安心して飲める青汁だけを厳選して紹介しています。



妊婦さんにおすすめ!青汁+豆乳

青汁と豆乳
プレママにおすすめ「青汁と豆乳」
おいしくて腹持ちもGoodな組み合わせ
日々成長する赤ちゃんのためにも嬉しい良質なタンパク源となってくれる豆乳。
ビタミン・ミネラル豊富な青汁を混ぜることで、妊娠中の栄養バランスを補うのにぴったりです。

豆乳には妊婦さんに嬉しい栄養がたっぷり

豆乳
豆乳はノンカフェインで栄養豊富

青汁はそれだけでも妊婦さんに嬉しい栄養たっぷりですが、豆乳と混ぜることで、さらにバランスUPすることができます。

妊娠中から授乳期には栄養バランスはもちろん、安心して飲めるドリンクをチェックしておきたいもの。

ノンカフェインの豆乳でヘルシー&ビューティーな妊婦ライフを送りましょう。

豆乳に含まれる主な栄養素

  • たんぱく質・・・皮膚や筋肉、内臓、髪などの原料となります
  • 鉄分・・・酸素や栄養素を運ぶ血液の元になります
  • イソフラボン・・・ママのバランスアップに(摂り過ぎには注意してくださいね。)
  • 大豆ペプチド・・・疲労回復や脂肪燃焼に

豆乳にもよく合う妊婦さんにおすすめの青汁は?

神仙桑抹茶ゴールド

定期価格:初回5,700円 通常価格:5,415円

容量:3g×60包

無添加・無農薬で育てられた、お茶屋さんが作った桑の葉が原料の抹茶青汁。
こだわりのおいしさと安心・安全で妊娠中や授乳中の方にも人気です。

詳しくはこちら こちら公式サイトはこちら

プレママにおすすめの青汁ランキング

妊婦さんに豆乳は良くない?妊娠中の大豆イソフラボンの影響について

大豆には女性ホルモンんに似た働きをする「大豆イソフラボン」が含まれているのはご存知の通り。
では、豆乳は妊娠中には避けたほうが良いのでしょうか?

結論から言うと、過剰に摂りすぎなければむしろ豆乳は妊娠中の栄養源になってくれます。

豆乳には鉄分や葉酸をはじめ、ビタミンB群、大豆たんぱく、ビタミンE、マグネシウムなどの栄誉素が豊富に含まれています。
良質なタンパク源である豆乳は、日々成長する赤ちゃんをおなかに抱えたお母さんにはぴったりなんです。

豆乳に限らず、納豆や豆腐、味噌など、妊娠中に大豆製品を食べたことによって悪影響があったということは今までにありませんし、それよりもむしろ豆乳に限らず、偏った食生活をしないよう心がけることが大切です。

とくに妊娠中は1つのものに頼るような食事は避けたいものです。
また、サプリメントは特定の栄養素を凝縮した錠剤です。妊娠中はイソフラボンのサプリメントを飲むのは避けたほうがよいでしょう。