つわり時の栄養補給に青汁



妊婦さんの栄養補給とすくすく育つ赤ちゃんのためにぴったりの青汁を紹介中。妊娠中でも安心して飲める青汁だけを厳選して紹介しています。



つわり時の栄養補給に | おいしくて飲みやすい青汁

つわり時の栄養補給に青汁
食事が喉を通らない 栄養不足が気になる妊婦さんに

日々成長するおなかの赤ちゃんの事を考えると、食事の栄養バランスは気になるもの。

でも、悪阻(つわり)があると、栄養バランスどころか、食べられるものを見つけるだけでも一苦労、そんな方も少なくありません。

ひどくなると、「水を飲むのも精一杯」という悪阻。
味や香りにも敏感になるため、口にできるものが限られてしまい、栄養不足が気になる・・・。

そんな妊婦さんにおすすめの青汁が「神仙桑抹茶ゴールド」です。

つわり時の栄養補給にぴったりの青汁「神仙桑抹茶ゴールド」

つわりの時もこれなら食べれる
「神仙桑抹茶ゴールド」って?

悪阻の症状がひどいと、普段は気にしないようなちょっとのクセや香りにも敏感になってしまい、思うように食事が喉を通らなくなってしまいます。

具合が悪いのと同時に、「栄養を摂らなきゃ」という焦りも重なってしまうのは、胎教にも良いとは言えませんよね。

青汁は手軽に栄養バランスを補えますが、独特のクセや香りが気になる人も多く、ましてや悪阻のひどい妊婦さんには飲めるかどうか心配ですよね。

味や香りに敏感な妊婦さんにもおすすめの青汁が「神仙桑抹茶ゴールド」です。


神仙桑抹茶ゴールドのおすすめポイント

神仙桑抹茶ゴールド

青汁独特の臭みがない
「本当に」抹茶味の青汁

つわりがひどい時、最も重視したいのは「食べられるものを食べる」ということ。
青汁は確かにビタミンやミネラルを補うことはできますが、「くさい」「おいしくない」という理由で食べられないのでは意味がありません。

神仙桑抹茶ゴールドは、その点、青汁独特の臭みや香りがなく、本当に抹茶仕立ての青汁です。

その理由は、桑の葉。
青汁の多くは大麦若葉やケールといった野菜を主原料にして作られますが、神仙桑抹茶ゴールドは桑の葉が主原料。
だから、ほかの青汁のような臭みやえぐみがないんです。


桑抹茶の栄養素

妊婦さんが摂りたい栄養素がたっぷり

クセやえぐみがないからといって、桑の葉の栄養素が劣っているかというと決してそんなことはありません。

桑の葉には、むしろ、妊娠中に不足なく摂りたい鉄分や葉酸、カルシウム、食物繊維といった栄養素がたっぷり含まれています。

また、体内にたまった余分な水分の排出を促してくれるカリウムもゴーヤの約6倍。
むくみの症状がでやすい妊娠中にはぴったりなんです。


桑抹茶アイス

アレンジしやすい抹茶味

野菜嫌いのちびっこでもゴクゴク飲める抹茶味は、「つわり中もこれなら飲めた!」という人も多い神仙桑抹茶。

でも、それでも飲みにくい・・・という妊婦さんにおすすめなのが「桑抹茶アイスキャンディー」。

作り方は簡単♪
牛乳に砂糖と桑抹茶を混ぜて、冷凍庫に入れればOK。製氷皿などに作ることもできます。

体調が良い時やちびっこのおやつには、ホットケーキやスコーンなどに入れるのもおすすめです。


神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド/お茶村

内容量:60包/90包

価格:5,700円/8,000円

定期価格:5,415円/7,200円

初回購入時に10包のおまけ付き&全額返金保証付きなので、「本当に飲めるかどうか不安」という人にも安心です。

公式サイト

こちらもチェック!

プレママにおすすめの青汁ランキング

つわりの時も「これなら飲めた」青汁で簡単栄養補給

日々お腹の中で成長している胎児。つわりがひどく思うように食べられない日が続くと、「栄養がたりないのでは?」と心配になりますよね。 具合が悪くて食べられなくても「何か食べなきゃ」と思うのは、それだけでもストレスになってしまいます。 青汁には鉄分やカルシウム、葉酸、マグネシウム、ビタミンB群、ビタミンE、食物繊維など、豊富な栄養素が含まれ、それを一度に摂れるのがメリットです。 量が食べられない時期だからこそ、上手に青汁を利用して、不足気味の栄養素を補いたいもの。 一昔前の青汁は味が飲みにくかったのですが、最近では味の改良もすすみ、どのメーカーのものも独特のクセが少なくなり飲みやすくなっています。 中でも桑の葉が主原料の青汁はお抹茶のような風味で飲みやすく、青汁独特の臭みがないのが特徴です。 香りや味に敏感なつわりの時期は、栄養面ばかりでなく飲みやすさも重視して青汁をえらびたいところ。また、食品添加物が使用されていないもの、残留農薬検査を行っているものなど、安全面もチェックしてみると良いでしょう。