妊婦さん要チェック!カフェインが少ない青汁なら安心?! | 妊婦さんにおすすめの青汁 安心して飲める人気の青汁ピックアップ!



妊婦さんの栄養補給とすくすく育つ赤ちゃんのためにぴったりの青汁を紹介中。妊娠中でも安心して飲める青汁だけを厳選して紹介しています。



妊婦さん要チェック!カフェインが少ない青汁なら安心?!

カフェイン、大丈夫?
妊娠中のカフェインは1日あたり300mgまで

妊娠中は赤ちゃんのためにも、「摂りすぎは禁物!」と言われるカフェイン。
お茶にはカフェインが多いから・・・と敬遠されがちですが、実は青汁はカフェインが少なめの飲み物なんです。

妊婦さんが摂りたい食物繊維やカルシウム、ビタミンC、鉄分、葉酸など大切な栄養素が青汁には豊富に含まれています。

妊婦さんが青汁を選ぶ際に注意したいのはココ!

妊婦さんの青汁選び
プレママが青汁を選ぶ際のポイント
  • 『残留農薬チェック』など品質管理の有無
  • 『食品添加物』が使われているかどうか
  • おいしく飲見続けられることが最も大切!

妊娠中はどうしても「カフェイン」という言葉に敏感になりがちですが、妊婦さんの場合でもカフェイン摂取量は1日300mgまでは影響がないとされています。
コーヒーであれば1日2~3杯、煎茶なら3~4杯程度までなら大丈夫。
青汁を利用するのであればカフェイン量よりも「安心・安全」面、そして飲み続けるために「味」で選ぶのがおすすめです。

人気ランキング

カフェイン量は気にしすぎもマイナス | 妊婦さんが選びたい青汁

妊娠中は案外飲み物で困ったことがあるプレママも多いようです。 「食の安全」などがここ最近耳に入ってきますが、妊娠中気になるのは食べ物だけでなく、飲み物もしかり。 妊娠中~授乳期にかけては水分が血液に変じ、血液がたくさんの栄養を含み赤ちゃんの大切な食事となります。 しかし、妊娠すると何を飲んでもいいのか?というと、気になるのはやはり「カフェイン」の量ではないでしょうか。 「カフェイン」が妊娠中にあまりおすすめではない、あるいはできるだけ飲まないようにしましょう、とされている情報誌や噂は多く目や耳にしますよね。 摂取したカフェインは妊娠中は分解されにくいため、カフェインが残ったままおなかの赤ちゃんに供給されてしまうのだそうです。 授乳中もそれは同じで、母乳にカフェイン量が多いと、赤ちゃんがぐずったり、ねんねの時間に興奮してしまい寝付きが悪いなどの原因となるようです。 カフェインというとコーヒーや紅茶のイメージがありますが、緑茶や抹茶にも多く含まれています。 見た目も味も抹茶に似た青汁もカフェイン量が気になるところですが、あまり敏感になる必要もありませんし、気になる場合は、カフェイン量を極力減らした、妊婦さんのために作られた「美力青汁health」などを選ぶといいかもしれません。 青汁自体はむしろ栄養素が豊富で、カロリーも低いことから、体重を増やしたくない妊婦さんの間食などに、ヨーグルトや牛乳と混ぜることで、カルシウムや乳酸菌もプラスして摂取することができます。