妊婦にうれしい栄養たっぷりの青汁



妊婦さんの栄養補給とすくすく育つ赤ちゃんのためにぴったりの青汁を紹介中。妊娠中でも安心して飲める青汁だけを厳選して紹介しています。



妊婦さんが摂りたい栄養たっぷり | 安心の青汁をチェック!

tetu 葉酸 カルシウム
血液を作るのに欠かせない「鉄分」は吸収率が低いため欠乏しやすいミネラルです。
お腹の赤ちゃんのためにも妊娠中は特に不足なく摂りたい栄養素の1つです。
DNAの合成に必要な葉酸は日々成長するお腹の赤ちゃんのためにも必要なビタミンです。
青野菜に多く含まれる葉酸は青汁でも補うことができます。
1日1日大きくなる赤ちゃんの成長に欠かせないカルシウム。
乳製品や小魚だけでなく、実は青汁にもカルシウムが含まれています。

妊婦さんに人気の青汁の栄養素を比較してみよう

商品名 神仙桑抹茶ゴールドs
神仙桑抹茶ゴールドs
ふるさと青汁f
ふるさと青汁f
美力青汁healthy
鉄分 0.74mg 0.165mg 0.288mg
葉酸 15.69μg 3.0μg 104.1μg
カルシウム 60.83mg 19.2mg 不明
その他 5,700円/60包
無農薬・無添加・残留農薬検査
3,800円/30包
無添加
4,666円/30包
無農薬・保存料、防腐剤無添加
バランスよく栄養を摂ろう
偏らないためには「いろんなものを少しずつ」が大切です
青汁はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富ですが、そればかりに頼るのはNG。
できることなら少しずついろんなものを食べるように心がけ、青汁で不足分を補いましょう。青汁は1日1~2本にしましょう。

妊婦さんの青汁利用法

妊婦さん

つわりがひどく、食が進まない時などは、「栄養不足になるのでは?」と考えること自体もストレスになってしまいます。

>

もちろん青汁だけですべての栄養素をまかなうことはできませんが、不足しがちな栄養素を補うことはできます。

香りに敏感な妊娠中は、「青汁の青野菜独特のニオイはどうなの?」と気になる妊婦さんも多いですが、当サイトで人気の高い神仙桑抹茶ゴールドsは、栄養豊富な桑の葉を主原料にした抹茶仕立ての青汁です。

ドラッグストアでよく見かける大麦若葉やケールの青汁は味や香りが苦手・・・という人にでも愛用者さんが多いので、香りや味に不安がある方には、神仙桑抹茶ゴールドをおすすめしています。

妊娠中の栄養補助に 青汁の利用方いろいろ

豆乳

豆乳に青汁を混ぜて「抹茶豆乳ラテ風」に。

寒い時やホッとしたいときなどはレンジで温めた豆乳に青汁を混ぜるのもおすすめ。
はちみつをちょっと加えるとまろやかになり風味が増します。


パンケーキ

ホットケーキミックスをつかった青汁パンケーキも定番の一品。
ちびっこがいるママさんなら、おやつがわりに小さめのパンケーキを焼いてあげると、野菜嫌いの子でも喜んで食べてくれます。


ビスケット

調子が良い時は手作りクッキーやビスケットに挑戦!

抹茶クッキーのレシピの抹茶を青汁に変えて作ってみました。

ヨーグルトや牛乳割じゃない楽しみ方をしたいときに♪

妊婦さんが摂りたい栄養を青汁で補助しちゃおう

バランスよく栄養素を摂取したい妊娠中。でもどうしても食べられないものが出てきたり、嗜好が変わって同じものばかり食べたくなったり、悪阻のためにあまり量が食べられなかったり。 頭では分かっていても、栄養バランスをうまく摂れていないことがストレスになってしまうこともあるようです。 この時期は、食べたいもの、食べられるものを食べるのはOKですが、食べ過ぎてしまったり、偏りがあまりに激しいには注意が必要です。 お腹の赤ちゃんの成長、そしてママの健康(と美容)のためにもビタミンやミネラルはしっかりとり、便秘やむくみなどの老廃物の停滞にも気を使いたいですよね。 栄養豊富な大麦若葉や桑の葉、明日葉などから作られる青汁。便秘対策に欠かせないのは腸の健康ですが食物繊維が豊富な青汁は、妊婦さんのデトックスにもおすすめ。あまり薬を飲みたくない時期だからこそ、自然にスッキリしたいですよね。 むくみがちな妊婦さんには明日葉の青汁のおすすめです。カルコンという明日葉にしか含まれていない成分(ポリフェノールの一種)が滞りがちな体の廻りをサポートしてくれます。 また、糖分が気になるのなら桑の葉の青汁を。 青汁の原料になっている植物は栄養豊富なので、どの原料のものを選んでも良いですが、安心して飲めるものを選ぶとストレスなく続けることができそうです。